邸宅の植栽の盗難やいたずらを解決する最新の防犯対策

昨今は庭を持つ戸建ての居住者を中心に植栽が流行っています。自宅を美しい草花で埋め尽くすことに憧れを抱いている人も多いでしょうし、邸宅の大きな庭であれば、ガーデニングにも力が入ります。しかし、邸宅の敷地に無断で侵入するばかりか、せっかく育てた草花を踏みつけたり、刈り取ったりするいたずらや盗難事件が相次いでいます。

そこで、ここでは邸宅の植栽を盗難やいたずらから守る、最新の防犯対策をご紹介します。

邸宅を含む戸建てで植栽の盗難やいたずらが発生しやすい

邸宅を含む戸建てで植栽の盗難やいたずらが発生しやすい

近年はガーデニングがちょっとしたブームとなり、庭を持つ戸建てでは植栽をしている家庭も多くなってきました。従来のような落葉樹や常緑樹といったシンプルな植栽だけではなく、カラフルな花々やハーブ、果物や野菜といった、ちょっとした菜園も作るのも一種の流行りとなっています。邸宅であれば広い庭を活かした大規模な植栽を楽しむことができますが、それと同時に心無い人によるいたずらや盗難も横行しています。

邸宅の植栽は高価なものが多い

植栽は草木を植えるだけだと思っている人も多いですが、1本当たり1~2万円前後と高く、邸宅の外周に生やすとなると、それだけ数十万円の費用がかかります。さらに鉢やプランター、肥料、鉢底石・鉢底網なども常に必要となってきますし、病害虫やねずみなどから植栽を守る農薬も買わなければなりません。

もし一生懸命育てた植栽が荒らされたり盗難に遭ったりしたら、被る損害も甚大となります。

邸宅で植栽の盗難の事例

邸宅で植栽の盗難の事例

邸宅では日陰を作るために落葉樹を植えたり、防犯の役割も担う常緑樹を生やしたりする家庭が多いですが、上述したように、これらは価格が高いため、株ごと盗難に遭うケースが多発しています。盗んだ常緑樹はネット通販で転売することができるため、現金目的の犯行と見なすことができます。また、邸宅に忍び込む窃盗犯はプロの可能性も高いため、一度窃盗に成功した暁には、「防犯対策が甘い邸宅」として、二度三度と繰り返し侵入する可能性が高いです。

邸宅で植栽のいたずらの事例

邸宅で植栽のいたずらの事例

一方で戸建てや邸宅では、盗難ではなくいたずらの被害に遭うケースも報告されています。

・除草剤をまかれた
・草花を踏みつぶされて荒らされた
・多数のまち針が刺された

などが主となり、いずれも草花が美しく育ったのを見計らって犯行に及んでいるため、手口は非常に悪質です。ガーデニングが好きな方にとっては、植栽はペットや観賞魚の飼育と変わらない愛情を注ぎますので、盗難やいたずらをされたときの心の痛みは計り知れないものがあります。

邸宅の植栽の盗難やいたずらは警察も効果なし?

邸宅の植栽の盗難やいたずらは警察も効果なし?

邸宅の植栽が盗難・いたずらされた際、警察に相談すれば解決することはできるのでしょうか。植栽の盗難は窃盗、いたずらは器物破損となり、また邸宅に無断で侵入しているのであれば、住居侵入罪も適用されます。しかし、仮に窃盗として犯人を捕まえることができても、植栽の価値は非常に分かりづらいため、どのくらいの損害賠償を取れるかは定かではなく、基本的に訴訟費用や弁護士費用の方が圧倒的に高くつきます。

一般的に植栽の盗難、いたずらの犯人は現行犯の逮捕が確実ですが、犯人と直接対峙するのは身体的なリスクがあるためおすすめできません。

そのため、邸宅の家人にとっての最善の選択というのは、防犯対策を構築して「犯行を未然に防ぐ」ことであり、「そもそも犯人を邸宅の敷地に侵入させない」こととなります。

邸宅の植栽の盗難やいたずらは「ソフト」と「ハード」の防犯対策が大切

邸宅の植栽の盗難やいたずらは「ソフト」と「ハード」の防犯対策が大切

邸宅で盗難やいたずらから植栽を守ることを考えた場合、防犯対策で重要となるのが人的な危機管理対策である「ソフト」と、最新の防犯機器を適材適所に設置する「ハード」となります。

ソフト面では、鉢やプランターをチェーンで繋いで盗まれないようにしたり、音がする砂利を敷いたりするのがおすすめです。ただし、犯人が腹を立てて鉢や草花を壊す可能性もあることは覚えておかなければなりません。

一方でハード面は映像記録だけではなく、犯行抑止の機能を持つ防犯カメラなどを設置し、防犯機能を常に最新にアップデートをすることです。

盗難やいたずらを未然に防げる防犯対策を講じる

上記でご紹介したように、邸宅における盗難やいたずらは、被害に遭ってからでは遅く、仮に犯人を逮捕できても、失った損失は取り戻せなく、事実上泣き寝入りとなります。そのため、防犯対策を講じる上で最も重要なのは、犯人に「この邸宅に侵入したらすぐに捕まる」と逮捕リスクを感じさせることとなります。素人の判断で防犯カメラを設置しても効果は期待できませんので、最初の設置の際は、専門家に現地調査を依頼することを強く推奨します。

防犯カメラ導入でお悩みの方は、お気軽にご相談ください

60秒スピード見積ダウンロード
中小企業の36,000件の相談実績
0120-210-306

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳