屋外ソーラー防犯カメラの常時録画のメリットデメリット

屋外にソーラー防犯カメラの設置・導入を検討している企業の中には、「常時録画」機能を必須と考えているところもあるようです。しかし、昨今の最新機能を搭載したソーラーカメラで、常時録画機能は本当に必要なのでしょうか。今回は常時録画のメリットデメリットをご紹介します。

屋外防犯カメラで電源不要・常時録画ができる機種とは?

屋外防犯カメラで電源不要・常時録画ができる機種とは?

屋外防犯カメラを企業が設置するにあたり、「電源の供給ができない」、「建物から離れているので大がかりな工事が必要かも」といった悩みを抱えているところも少なくないでしょう。一度防犯カメラの販売店に見積もり依頼をしたら、ちょっと予算内には収まりそうもない高額な価格が提示されて、それっきり防犯対策を諦めていた、なんていう調達担当者もいます。

また、電源工事が不要と同時に、「24時間警備を実施したい」と言う目的で「常時録画」機能を搭載している機種を探している企業もいます。

電源工事が不要で常時録画機能を搭載している機種は「ソーラー防犯カメラ」となります。電源不要の機種を求める場合は、カメラ本体が蓄電機能を持ちバッテリーを自給する必要がありますが、現時点では業務用カメラにおいて、ソーラー防犯カメラのみが現実的な選択肢となります。

ソーラー防犯カメラがおすすめできる理由

ソーラー防犯カメラがおすすめできる理由

ソーラー防犯カメラは近年世界の防犯カメラメーカーが注力しているカメラとなり、一昔前と比べると耐久性も機能性も大幅に向上しています。本体価格は通常の防犯カメラと比較して多少割高ではありますが、その分電源供給の工事が不要であることは非常に魅力で、初期導入費用を大幅にカットすることができます。

ただし、電源不要だからといって完全に工事が不要というわけではありません。ソーラー式ネットワークカメラを導入するのであれば、インターネット回線に繋ぐ必要があります。ソーラーカメラの設置場所でWi-Fiが届かない場合は、有線工事やルーターを設置する工事が必要となります。

また、設置方法によって防犯カメラを取り付ける柱も必要となるので、石柱の設置工事費用も掛かります。

上記のような工事は一般的に販売店が提携している工事業者、もしくは販売店の工事部門にて施行されますので、営業担当者との費用の相談は欠かせません。販売店によっては諸条件をクリアすることで工事費を無料にするところもありますので、工事費用がネックになっているのであれば、そのような販売店を探してみるのもいいかもしれません。

ソーラー防犯カメラを導入したいけどWi-Fiなしの場合

最新のソーラー防犯カメラはネットワークカメラが主流となるため、Wi-Fiなしの敷地内にカメラを設置しても、防犯カメラの最新の機能を使うことができません。ただし、Wi-Fiなしでも「SIMカード搭載」のソーラー防犯カメラを選択することによって、インターネットを使うことができます。

ただし、SIMカードでインターネットに繋ぐ場合は3G/4Gとなり、パケット通信にょるデータのやり取りが必要となるため、常時録画を実行するとパケ代が高額になってしまいます。キャリアに申し込む際は料金プランを吟味してください。

ソーラー防犯カメラの機種の選び方

ソーラー防犯カメラの機種の選び方

ソーラー防犯カメラは、各防犯機器メーカーから販売されていますが、下記では防犯カメラの選び方や注意点などをご紹介します。

ソーラー防犯カメラは口コミで選ぶべきではない

ソーラー防犯カメラを選ぶ際は、まずはネットで情報収集する人がほとんどでしょう。しかし、ネット上のレビューや口コミはあてにはなりません。

防犯カメラの設置に際して、利用シーンや周辺環境、周辺機器、管理方法などは企業によってまったく異なります。また、同じ機種でも販売店によって提案する使い方が異なりますので、防犯カメラ本体の機能や仕様に関する信憑性のある口コミを見つけるのは至難となります。

日本製・日本メーカーを選ぶことをおすすめしない理由

企業の調達関係者の中には「日本メーカーがやっぱり品質がよく安心」、「何かあったときのサポートが日本製は充実している感じがする」といった“印象”でメーカーを決めている人もまだまだ多くいます。

しかし、企業担当者に覚えておいてほしいのは、「安全神話が長く続いていた日本は、防犯カメラにおいては後進国」であることです。防犯カメラの技術開発の先端を行くのは中国と台湾となります。日本メーカーから発売されている防犯カメラは、ほぼ中国・台湾メーカーあるいは工場の「OEM/ODM」となります。

また、日本メーカーも外国メーカーもサポートは販売店が行いますので、フォローの手厚さは同じ、あるいは販売店に体制に依存します。そのため、まったく同じ機能・性能・サポートであっても、日本メーカーのロゴを背負うだけで価格が大きく変わるのが現状となるので、導入費用を気にする企業は、日本製・日本メーカーに限らず幅広いメーカーからソーラー防犯カメラの機種を選ぶべきといえます。

ソーラー防犯カメラの防水機能の選び方

屋外設置型の防犯カメラは、「防水・防塵・耐衝撃」が高い機種を選ぶ必要があります。防塵と防水は「IP〇〇」で表示され、IP66(防塵6・防水6)以上を選ぶことをおすすめします。耐衝撃は「IK」で10段階で表示され、おすすめは8以上となります。

ソーラー防犯カメラは自然エリアに設置することが多いため、台風など暴風雨といった悪天候の中でも作動を続ける必要があります。そのため、防塵は砂埃が内部に入らない最高レベルの「6」を選択し、防水は水の噴流から保護できる「6」以上を選択するのが推奨されます。防水レベルは8までありますが、7~8は水没を想定しているので、そこまでのレベルはオーバースペックと考えられます。

ソーラー防犯カメラの常時録画のメリットとデメリットとは

ソーラー防犯カメラの常時録画のメリットとデメリットとは

「常時録画」機能とは、簡単に言えば「指定した時間帯をずっと撮影し続けること」です。昨今は自動検知機能を活用して、人や車、動物などの動体を防犯カメラが自動検知したと同時に録画撮影が開始され、それ以外は省エネモードになっているのが一般的です。

では、人感センサーとも呼ばれる自動検知機能と比較した際、常時録画機能メリットとデメリットはどのような点が挙げられるのでしょうか。

ソーラー防犯カメラの常時録画のメリットは「証拠映像を確実に残す」

ソーラー防犯カメラの常時録画の最大のメリットは「証拠映像を確実に残す」ことにあります。人感センサーや動体の自動検知機能は赤外線照射を利用するため、現場の気温や気候、周辺の照明の有無や光量によって、自動検知機能が作動しなかったり、録画モードに移行するのが遅かったりすることがあります。

一方で常時録画はシンプルに「ずっと録画機能を作動し続ける」こととなりますので、上記のような不具合を起こしたり、録画漏れを防ぐことができます。

ソーラー防犯カメラの常時録画のデメリットとは「充電が早く切れる」

ソーラー防犯カメラはAC電源でもバッテリー供給できますが、通常はソーラーパネルから太陽光をバッテリーに蓄電して自給する方法を選択します。しかし、常時録画で24時間録画を作動し続けると、数日でバッテリーが切れてしまいます。もちろん快晴が続いているうちは連続運転が可能ですが、曇りや雨降りの日が続く場合は蓄電が間に合わず、充電が切れてしまうことも念頭に置かなければなりません。

もしソーラー防犯カメラで常時録画(24時間連続運転)が必要であれば、2台設置して数時間おきに録画カメラを切り替えるなどして対応するといいでしょう。

ソーラー防犯カメラの屋外設置に常時録画は必要かどうか

ソーラー防犯カメラの屋外設置に常時録画は必要かどうか

屋外設置を想定してソーラー防犯カメラを導入する場合、上記でご紹介した常時録画機能は必要なのでしょうか。
まず、ソーラー防犯カメラの最大の特徴は電源不要である点ですが、常時録画を試みることによって、AC電源を有線で敷く必要が出てくるかもしれません。自然公園や高速道路下など、どうしても電源のある事務所から設置場所まで距離がある場合は、常時録画は現実的な選択とは言えないかもしれません。

ただし、24時間常時録画ではなく、夜間の時間帯だけであれば常時録画でも問題ないといえます。特に人工的な光がない自然エリアや郊外の工場・建築現場は、深夜に自動検知機能がきちんと作動するかは、設置前に必ず確認してください。

まとめ:ソーラー防犯カメラの常時録画は屋外設置時に有効

まとめ:ソーラー防犯カメラの常時録画は屋外設置時に有効

ここではソーラー防犯カメラの選び方と常時録画のメリットとデメリットを説明したのち、ソーラー防犯カメラに常時録画機能はおすすめできるかどうかをご紹介しました。

昨今のソーラーカメラは非常に機能性に優れているため、常時録画にこだわる必要なく、設置環境や使用方法などを総合的に判断して運用方法を決めることをおすすめします。

防犯カメラ導入でお悩みの方は、お気軽にご相談ください

60秒スピード見積ダウンロード
中小企業の36,000件の相談実績
0120-210-306

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳