MENU
フリーダイヤル0120-210-306
受付時間:9:00~18:00(平日)全国対応
防犯カメラナビTOP 導入事例 物流倉庫内の荷物状況監視システムの導入事例
工場倉庫

物流倉庫内の荷物状況監視システムの導入事例

物流倉庫では常時お客の荷物の搬入と搬出があり、数多くの出荷物を管理しなければなりません。

その物流倉庫では、出荷違いが発生したときの早期究明や、現在の倉庫スペースの空き状況の把握が必要となります。そこで、ここでは荷物状況監視システムを導入した倉庫の事例を紹介します。

防犯カメラの導入を検討したきっかけ

防犯カメラの導入を検討したきっかけ

今回は中規模の物流倉庫を管理する主任の方からお問い合わせをいただき、荷物の状況把握のために監視カメラの導入をご相談いただきました。

物流倉庫における業務内容は主に搬入と搬出ですが、倉庫内では検査・検品、フォークリフト、ピッキング、梱包、流通加工、在庫管理など多岐にわたる仕事が発生します。

その過程では誤出荷(荷物違い)や従業員の事故が不定期に発生するため、今回の倉庫では本格的な監視システムを構築して再発防止に努めたいとのことでした。

誤出荷(荷物違い)の原因を知ることが再発防止に繋がる

誤出荷には「商品の間違い・数量の間違い・出荷忘れ・宛先の間違い・納品書の間違い」が主な内容となります。いずれも顧客からの信頼が下がってしまいますし、場合によっては顧客に損失を与えてしまったり、顧客情報の漏洩に繋がることも考えられます。さらに荷物や出荷の管理がずさんの場合、顧客の商品が見つからない、といった紛失騒ぎに発展し、損害賠償を請求される事態に発展することも想定されます。

これらの問題はバーコードリーダーやパソコンで管理してもどうしても発生してしまい、そのほとんどが人為的なミスと言えます。そのため、防犯カメラによる監視システムを強化することによって、仮に誤出荷が発生しても録画映像から遡ってミスの発生源を突き止められることが期待できます。

物流倉庫内に荷物状況監視システムを導入するポイント

物流倉庫内に荷物状況監視システムを導入するポイント

今回の防犯カメラの運用目的は荷物の状況監視と従業員の業務モニタリングとなるため、カメラの設置場所は従業員のレギュレーションに沿った作業スペースとなります。

倉庫内には高速WiFiが既に通っていたため、配線工事は最小限に抑えてネットワークカメラを導入することができました。ネットワークカメラは従来の同軸カメラと異なり無線で映像を転送できるため、倉庫内の会議室や事務所だけではなく、遠方の本社や支店・事業所からでも倉庫の様子を確認することができるのが特徴です。

また、防犯カメラを設置する際は、「死角にならならい場所」、「従業員行動や荷物の検品の様子が分かる場所」を吟味するのがポイントです。防犯カメラのレンズによって焦点距離や画角が異なるため、専門的な知識が求められます。

防犯カメラの機種にも気を付けなければなりません。「日本メーカーが品質がよさそう」、「型落ちした安い機種がいい」といった安直な理由でメーカーや機種を決めるのではなく、自社の倉庫の問題を解決してくれる機能・スペックを搭載した防犯カメラを選択するようにしてください。

物流倉庫内に荷物状況監視システムを導入した後の感想

物流倉庫内に荷物状況監視システムを導入した後の感想

今回は物流倉庫内に荷物状況監視システムを導入しました。各フロアの作業場・荷捌き場に防犯カメラを設置し、事務所には大型のモニターを据え置くことで、管理者は誰もが検品やピッキングの様子を確認できるようになりました。

また、モニターには複数のカメラの映像を分割して映し出すことができるので、現在どこのエリアで作業が行われ、またどこのエリアに荷物スペースがあるかも瞬時に把握ができます。

設置した防犯カメラはネットワークカメラのため、映像の確認はモニターだけではなく、パソコン、タブレット、スマホでも可能な点も非常に高い評価をいただきました。

防犯カメラナビからひと言

防犯カメラナビからひと言

近年は倉庫に防犯カメラの設置を求める問い合わせが非常に多くなってきた印象です。防犯カメラをうまく活用することで、今回の導入事例のように作業場や荷物の管理ができることはもちろん、夜間の侵入者対策や従業員の内部不正の是正といった運用も可能となります。

また、防犯カメラのスペック次第では、冷蔵倉庫への設置も可能です。機種によっては-40度から+60度まで耐えられるものもあるので、状況に応じて基本スペックは選んでください。

弊社「防犯カメラナビ」ではご契約前に専門の調査員がお客様の倉庫におうかがいし、綿密な現地調査とロケテストを行った上で、最適な機種を提案させていただきます。現地調査は無料なので、まずはお気軽にお問い合わせください。

月々の想定コスト

月々の想定コスト

月額15,000円

今回は2フロア構成の物流倉庫の設置となりました。月額の支払いは上記の通りですが、倉庫の規模によって防犯カメラの設置台数と配線工事の規模が大きく変わるため、実際の予算感は倉庫毎に異なる点は注意してください。

金額が大きくなる場合はリース契約もご案内させていただきますので、予算に関してもご相談くださいませ。

工場倉庫の導入事例

製造工場向け内部不正防止音声システムの導入事例
製造工場向け内部不正防止音声システムの導入事例
工場倉庫
製造工場では内部不正も懸念材料の1つです。昨今はSNSも発達し、会社が関知していないところで内部不正の事実がネ……
事例を詳しく見る
冷蔵倉庫向け外周警備システム導入事例
冷蔵倉庫向け外周警備システム導入事例
工場倉庫
倉庫業の中でも冷蔵倉庫を扱っている企業は、近年の犯罪に対応する防犯対策の強化が求められます。ここでは冷蔵倉庫向……
事例を詳しく見る
卸売市場向けフルハイビジョン24時間常時録画カメラの導入事例
卸売市場向けフルハイビジョン24時間常時録画カメラの導入事例
工場倉庫
卸売市場は近年一般人も観光ついでに立ち寄れるところが多く、そのためか在庫の盗難や器物破損が目立つようになりまし……
事例を詳しく見る
金属加工製造工場向け屋外高画質赤外線カメラの導入事例
金属加工製造工場向け屋外高画質赤外線カメラの導入事例
工場倉庫
金属加工の製造工場では近年金属素材の盗難被害が全国で散見されます。ここでは屋外向け夜間に重きを置いた高画質赤外……
事例を詳しく見る
防犯カメラの導入事例をもっと見る

工場倉庫の防犯ブログ記事

太陽光発電の銅線盗難は保険/補償適用外。屋外防犯カメラで対策
太陽光発電の銅線盗難は保険/補償適用外。屋外防犯カメラで対策
工場倉庫
近年は全国的に太陽光発電所における銅線盗難が深刻化し、社会問題となっています。被害の増加に伴い、「銅線盗難は保……
事例を詳しく見る
屋外防犯カメラ│太陽光発電の銅線ケーブル盗難対策は常時録画がおすすめ
屋外防犯カメラ│太陽光発電の銅線ケーブル盗難対策は常時録画がおすすめ
工場倉庫
太陽光発電所の銅線ケーブルの盗難は全国で多発していますが、盗難対策に最も効果的なのは屋外防犯カメラの常時録画を……
事例を詳しく見る
防犯カメラで銅線の盗難対策!初期費用をかけない導入方法も
防犯カメラで銅線の盗難対策!初期費用をかけない導入方法も
工場倉庫
近年は世界で金属素材の高騰が目立ち、中でも銅線は高額転売できるため盗難被害に遭いやすいです。今回は銅線の防犯対……
事例を詳しく見る
工事現場・建設現場で遠隔監視・遠隔臨場に便利な防犯カメラを紹介!
工事現場・建設現場で遠隔監視・遠隔臨場に便利な防犯カメラを紹介!
工場倉庫
工事現場・建設現場では従業員の安全と事故防止に対して細心の注意を払わなければなりません。高度な監視システムもあ……
事例を詳しく見る
防犯ブログ記事をもっと見る

無料で現地調査・相談・御見積はこちら

「防犯カメラナビ」以外の営業電話やメールが届くことはありません。お気軽にご相談ください。

お気軽にお電話ください

フリーダイヤル0120-210-306
受付時間:9:00~18:00(平日)全国対応
アクセルジャパン
アンバサダー
佐藤隆太
佐藤隆太