MENU
フリーダイヤル0120-210-306
受付時間:9:00~18:00(平日)全国対応
防犯カメラナビTOP コラム 工事不要・スマホ対応の屋外防犯カメラの選び方

工事不要・スマホ対応の屋外防犯カメラの選び方

近年は犯罪の多様化や凶悪化に伴い、防犯カメラを導入する企業が増えてきました。それに伴い、各防犯カメラ販売店も、多種に及ぶ機種を取り扱うようになり、種類によっては工事不要・スマホ対応といった機種も出ています。

そこで、今回は「工事不要」と「スマホ対応」をキーワードに、企業向け屋外防犯カメラの選び方をご紹介します。特に防犯カメラの完全ワイヤレスを目指すか、最小限の工事に抑えるかはよく社内で吟味が必要です。

企業向け屋外防犯カメラの多くはスマホ対応

企業向け屋外防犯カメラの多くはスマホ対応

近年はモバイル端末のデジタル化が進み、スマホ1台であらゆる機能を使うことができるようになりました。企業担当者の中には、「これから防犯カメラの導入を計画しているけれど、スマホで気軽に監視できないかな?」という要望も多くあります。

スマホで監視というと、家庭に設置するペットカメラや見守りカメラをイメージする人が多いかもしれませんが、実は近年企業向けの防犯カメラでもスマホ対応の機種が増えています。

ただし、スマホ対応の防犯カメラは、インターネットに繋ぐ「ネットワークカメラ(IPカメラ)」でなければなりません。一昔前の同軸カメラ(アナログカメラ)では利用することはできませんし、カメラを設置する周辺環境にネットワークが構築されていなければ、防犯カメラ自体を運用することができません。

そのため、企業担当者がまず検討することは、防犯カメラを設置する場所でインターネット環境を構築できるか否かとなります。

スマホ対応でできることは機種によって違う

現在では企業向けの防犯カメラであっても、ほとんどがスマホ対応となっています。しかし、だからといってどれも同じ機能・性能・スペックというわけではありません。

防犯カメラによっては、同じスマホ対応であっても「映像を見るだけ」という粗悪な機能のカメラもあれば、「スマホで見ると画質が悪くてすぐにかくつく」、「遠隔操作しようとすると処理落ちする」といったスペック的な問題がある防犯カメラも少なくありません。

そのため、スマホで何をしたいのか、どんな機能を求めているのか、どのくらいの実用性が必要なのかは事前に決めておくといいでしょう。また、導入する前は、必ずロケテストをして実際自分のスマホを活用できるのかどうかも確かめてください。

スマホで監視(遠隔操作)や録画、機能を使える機種を選ぶ

スマホで監視(遠隔操作)や録画、機能を使える機種を選ぶ

企業の防犯カメラ担当者、あるいは小規模事業者の社長は、外出先や自宅に帰ったあとでも、スマホで細かくカメラの映像をチェックしなければならないこともあります。

そのようにスマホの機能しっかりと活用する方は、下記の機能を搭載しているスマホ対応の防犯カメラを選んでください。

1.スマホで防犯カメラの操作ができる
スマホを通じてカメラの向きなど遠隔操作ができることはネットワークカメラの必須機能です。
2.スマホ画面上で録画操作ができる
単に録画のONとOFFを切り替えるだけではなく、録画スケジュールや録画映像の転送設定などもできるものが望ましいでしょう。
3.スマホから防犯カメラに音声を伝えることができる
不審人物が敷地内に侵入したり、従業員の内部不正を発見した際に、スマホで「今見てるぞ」、「警察呼んでいるからな」と相手を威嚇できるの機能を備えたカメラが望ましいです。

個人が自宅で使う防犯カメラは原則工事不要が多い

個人が自宅で使う防犯カメラは原則工事不要が多い

個人が自宅の室内や玄関先に防犯カメラを設置する場合、ほとんどのケースで工事は不要です。個人宅で利用される防犯カメラの多くは小型の機種でバッテリーもしくはAC電源で動きます。ケーブルが届かない場合は延長コードを使えば大抵は事足りるため、工事をする必要はありません。

しかし、だからといって個人向けの防犯カメラを企業が使うのはもちろんおすすめできません。会社の大切な財産や顧客情報を守るのだから、必ず企業向けのしっかりとしたカメラを設置してください。

企業向け屋外防犯カメラは基本的に工事が必要な理由

企業向け屋外防犯カメラは基本的に工事が必要な理由

企業担当者がよく要望することの1つに、「工事不要の機種を紹介してほしい」といったことが挙げられます。話を聞くと、大抵は「短期間の使用だから工事をしたくない」、「壁の穴あけや地面を掘ることができない環境」、「工事費用(初期導入費用)を節約したい」といった理由が背景にあるようです。

しかし、企業向けの防犯カメラには現状バッテリーや乾電池で稼働のタイプは一部を除きありません。企業が設置する防犯カメラは24時間365日電源を入れているので、バッテリー式の使い道がないからです。

防犯カメラのバッテリー切れを起こして、肝心の事件時に「映像を録画できていないかった」では済まされませんので、基本的に企業の防犯カメラ設置は工事が伴うものと考えてください。

工事不要の屋外防犯カメラの種類とシチュエーション

工事不要の屋外防犯カメラの種類とシチュエーション

しかし、場合によっては下記で掲げる条件をもとに、工事不要か工事費用を最小限に抑えることができる屋外防犯カメラもあります。

メーカーや選べる機種は絞られてしまうかもしれませんが、必要に応じて検討してみるといいでしょう。

1.太陽光パネルで電気を発電。「ソーラーカメラ」

まず、完全に工事不要のワイヤレスを求めるのであれば、現状は「ソーラーカメラ」一択となります。ソーラーカメラは知っている人も多いことでしょうが、太陽光パネルを利用して発電することで、電源を防犯カメラ本体に供給することができます。また、ネットワーク工事に関してはSIMカードを用いることで不要となります。

ソーラーカメラは有線で使うことも可能ですが、もともと遠隔地での設置を想定しているため、どのメーカーもSIMカードは搭載しているはずです。

2.SIMカード搭載型防犯カメラ

防犯カメラ(ネットワークカメラ)の多くはインターネット接続にWiFiを利用します。しかし、WiFiの電波がどうしても届かない場合や、WiFi電波が脆弱で有線でも不安定なときは、SIMカード搭載型の防犯カメラを選ぶことができます。

SIMによるインターネット接続をすれば、ネットワーク接続に関わる工事は省くことができます。ただし、通信キャリアとの契約が必要のため、防犯カメラ一台当たりで月額基本料金が発生することに注意です。節約したいために安い料金プランに申し込んでしまうと、月の使用容量を超えてしまい、処理速度が大きく低下してしまうこともあります。

3.無線WiFiで防犯カメラを運用する

通常、WiFiを防犯カメラに接続する際は、無線ではなく有線接続が基本となります。無線の場合は周辺環境や天候などによって電波が不安定になることが多いからです。

しかし、WiFiルーターを屋外防犯カメラの傍に置くことができれば、無線利用も可能となります。ネットワーク回線のLAN工事は穴をあけたり、地中にケーブルを隠す場合に高くつきます。もしルーターや電源を防犯カメラの目と鼻の先で確保できるのであれば、工事不要とまではいかなくとも、最小限の工事費用で導入することができます。

防犯カメラの工事不要(ワイヤレス化)をどこまで突き詰めるかは吟味が必要

防犯カメラの工事不要(ワイヤレス化)をどこまで突き詰めるかは吟味が必要

上記では工事不要で防犯カメラを設置する、いわゆるワイヤレス化の方法をご紹介しました。しかし、上述したようにワイヤレスで防犯カメラを屋外に設置すると、電波が不安定になりやすいデメリットがあります。SIMカードを活用すると電波は比較的安定しますが、月額基本料金の予算を取らなければなりません。

また、従来の機種は電源ケーブルやインターネットケーブルを別に工事しなければなりませんでしたが、近年のネットワークカメラは電源を供給できるLANケーブルも登場しているので、1本のケーブル工事で済ませることもできます。あとはレコーダーもかさばるので、防犯カメラで撮影した録画映像は自動的にクラウドで保存されるようにすれば、最小限の工事で導入できます。

まとめ:工事不要を希望する理由を今一度考える。販売店に相談を

今回はスマホ対応かつ工事不要で屋外防犯カメラを設置する方法をご紹介しました。企業担当者は工事不要の機種が本当に必要かどうか、運用方法やネットワークの環境を考慮して改めて考えてみるといいでしょう。

また、自社だけで悩むのではなく、セキュリティ機器の専門家に実地調査に来てもらい、総合的に判断してどの程度の工事をするのか、WiFiかSIMのどちらを利用するかなどを提案してもらうのがおすすめです。

無料で現地調査・相談・御見積はこちら

「防犯カメラナビ」以外の営業電話やメールが届くことはありません。お気軽にご相談ください。

お気軽にお電話ください

フリーダイヤル0120-210-306
受付時間:9:00~18:00(平日)全国対応
アクセルジャパン
アンバサダー
佐藤隆太
佐藤隆太