MENU
フリーダイヤル0120-210-306
受付時間:9:00~18:00(平日)全国対応
防犯カメラナビTOP 導入事例 豪邸における不法侵入・空き巣のセキュリティ対策導入事例
戸建

豪邸における不法侵入・空き巣のセキュリティ対策導入事例

豪邸では不法侵入・空き巣に対する防犯対策が必要不可欠です。「私が住む住宅エリアは治安が良いから大丈夫」と考えるのは昨今の日本の情勢から考えると非常に危険と言えます。

一度の犯罪者の不法侵入、空き巣を許すことによって、大きな損失を被ることもありますし、仮に自宅内で鉢合わせしてしまうと、生命に関わる危険もあります。

そこで、今回は豪邸(高級住宅)の家主からセキュリティ対策のご依頼をいただきましたので、具体的な導入事例を紹介します。

防犯カメラの導入を検討したきっかけ

防犯カメラの導入を検討したきっかけ

今回防犯カメラの導入のご相談をいただいたのは、東京都心の一等地に構える豪邸の家主です。広々とした庭と十分な広さを持つガレージ、3階ロフト付きの大きな一軒家となります。

豪邸の建つ高級住宅エリア周辺では、少し前より居住者ではない不審な人物が複数人度々目撃されており、住民の間で不安が募っていました。

ご依頼者は会社経営の社長ですが、自宅で作業することも多いため、書斎には大切な顧客情報が詰まった電子機器や書類、現金・有価証券を保管した金庫があります。

また、リビングにはコレクションしている時計やシューズなど、一目見て金銭的価値があることが容易に理解できる財産も多数あるため、一度でも空き巣に入られてしまったら損失は甚大であることから、今回弊社に防犯カメラ設置の問い合わせをしたのが経緯となります。

ホームセキュリティだけに頼るのは危険な理由

邸宅・豪邸といった一軒家では、警備会社が提供するホームセキュリティを契約しているところも多くあります。しかし、個人宅のホームセキュリティは一般的に「室内に対するセキュリティ」となります。ホームセキュリティが作動するということは、その時点で既に侵入を許してしまっているため、ガードマンが駆け付けたときは犯行を終えて逃げていることがほとんどです。

しかし、多くの警備会社は建物の外回りとなる外周警備を実施しません。現在の警備業法では通報があった場合、ガードマンは25分以内に駆け付けなければなりません。屋外にセキュリティシステムを設置すると、家族や知人友人を検知する誤作動が多発し、その度にガードマンは駆け付けなければならないため、外周警備の受注に消極的なのです。

そのため、室内対策に関してはホームセキュリティでも構いませんが、屋外は自分で対策を練ることを強くおすすめします。

豪邸にセキュリティ対策を導入するポイント

豪邸にセキュリティ対策を導入するポイント

今回は豪邸における不法侵入・空き巣のセキュリティ対策として、建物の外回り(庭・ガレージ周り・裏道・門扉)に重点を置いて、最新の防犯カメラを導入しました。ご依頼者の豪邸はプライバシー保護のため高い塀で覆われていますが、空き巣にとっては周囲の目を気にする必要なく忍びこむことができるため。返ってターゲットにされやすいデメリットがあります。

そこで、門扉や人の気配がない道路に沿った塀周りにも防犯カメラを設置し、夜間カラー撮影が可能な最新の赤外線、及びAI検知技術を搭載した機種を提案させていただきました。

また、ネットで映像を飛ばすネットワークカメラを採用することにより、不審者を検知したら手持ちのスマホにアラームが鳴る設定をしました。

豪邸にセキュリティ対策を導入した後の感想

豪邸にセキュリティ対策を導入した後の感想

防犯カメラを設置するにあたっては、弊社に在籍しているセキュリティ対策の専門家が現地調査をしたのち、最適な設置方法や機種を提案させていただきます。今回のご依頼者も無料の現地調査に喜んでいただいた他、実際に実機に触れて操作をしたり、カメラの映像を確認できた点もお褒めいただけました。

防犯カメラの操作も簡単ですし、常時録画はもちろん、自宅を不在にするときだけ作動させたり、夜間の就寝中だけ時間指定で録画することも可能です。防犯カメラが侵入者を検知したら、自動でLEDライトが犯人を照らして撃退します。設定によっては音声で「不審者発見。直ちに警察に通報します」と威嚇することもできます。

防犯カメラナビからひと言

防犯カメラナビからひと言

近年は日本でも防犯意識が徐々に高くなり、多くの企業が自社の防犯対策の強化を図っています。そのため、防犯意識が低く、それでいて大金を目の届く場所に保管している富裕層の豪邸・邸宅を狙う空き巣も増えてきました。

高級住宅街で暮らす家主は、一度自宅の防犯対策を見直してみてはいかがでしょうか。最新の犯罪に対応できる防犯対策を講じていない場合は、専門家にリスク調査を依頼するのもいいかもしれません。

月々の想定コスト

月々の想定コスト

月額12,000円

一軒家の防犯カメラ設置で予算を抑えたい場合は、工事を簡素化するのが近道です。複雑な配線工事やポール柱を作ると、それだけ工事費が増えてしまいます。

防犯カメラの販売店を探す際は、豪邸・一軒家の設置経験が豊富な業者に依頼するのがおすすめです。

戸建の導入事例

自営業者向けセキュリティ向上のための高画質カメラ導入事例
自営業者向けセキュリティ向上のための高画質カメラ導入事例
戸建
自営業者は自宅を改装して事務所や店舗にしているケースが多いですが、セキュリティ意識を高く持たないと窃盗犯の標的……
事例を詳しく見る
フリーランスの一軒家向け不在時・夜間における赤外線カメラの導入事例
フリーランスの一軒家向け不在時・夜間における赤外線カメラの導入事例
戸建
フリーランスの多くは自宅を職場にしていますが、防犯対策を疎かにしている一軒家も多く見受けられます。昨今は個人事……
事例を詳しく見る
一般邸宅向け不法侵入対策の自動追尾カメラ導入事例
一般邸宅向け不法侵入対策の自動追尾カメラ導入事例
戸建
一般邸宅に防犯カメラを設置するときは、費用を節約して最低限の台数で死角なく不審者を映像に捉え、撃退したいところ……
事例を詳しく見る
一戸建て向け侵入者対策のネットワークシステム導入事例
一戸建て向け侵入者対策のネットワークシステム導入事例
戸建
近年はセキュリティ意識の低い一戸建てを狙った窃盗事件が全国で多発しています。ここではどの家庭でも導入できるイン……
事例を詳しく見る
防犯カメラの導入事例をもっと見る

戸建の防犯ブログ記事

業務用PTZカメラ(パンチルトカメラ)とは?機能やメリット・注意点を解説
業務用PTZカメラ(パンチルトカメラ)とは?機能やメリット・注意点を解説
戸建
業務用防犯カメラとして「PTZカメラ(パンチルトカメラ)」が人気の1つに挙げられますが、PTZカメラとは何なの……
事例を詳しく見る
屋外防犯カメラの国産メーカーを紹介。日本製が安心ってほんとう?
屋外防犯カメラの国産メーカーを紹介。日本製が安心ってほんとう?
戸建
屋外防犯カメラを企業が導入する際、担当者の中には「やっぱり国産メーカーが品質が高いのかな?」と考えている人も多……
事例を詳しく見る
防犯カメラの音声プライバシーを解説。おすすめ運用方法
防犯カメラの音声プライバシーを解説。おすすめ運用方法
戸建
企業のオフィスや店舗に防犯カメラを導入する際、近年は犯罪リスクの軽減を目的に「音声」も録音できる機種が増えてき……
事例を詳しく見る
屋外防犯カメラは人感センサー機能で決める。おすすめの選び方
屋外防犯カメラは人感センサー機能で決める。おすすめの選び方
戸建
屋外防犯カメラは「人感センサー」の性能の高い機種を選ぶことで、より証拠能力の高い映像の録画撮影を実現できます。……
事例を詳しく見る
防犯ブログ記事をもっと見る

無料で現地調査・相談・御見積はこちら

「防犯カメラナビ」以外の営業電話やメールが届くことはありません。お気軽にご相談ください。

お気軽にお電話ください

フリーダイヤル0120-210-306
受付時間:9:00~18:00(平日)全国対応
アクセルジャパン
アンバサダー
佐藤隆太
佐藤隆太