MENU
フリーダイヤル0120-210-306
受付時間:9:00~18:00(平日)全国対応
防犯カメラナビTOP 導入事例 資材置き場で不審者撃退用自動追尾カメラを導入した事例
資材置き場/建築/建設現場

資材置き場で不審者撃退用自動追尾カメラを導入した事例

資材置き場では夜間に窃盗や放火、いたずら目的の侵入者が多発します。単なる子供いたずら程度ならまだしも、場合によっては事業継続が困難になるような大惨事に見舞われる可能性もあるかもしれません。

そこで、ここでは大事に至る前に防犯カメラの中でも、不審者撃退の機能を備える「自動追尾カメラ」を導入した事例をご紹介します。

防犯カメラの導入を検討したきっかけ

防犯カメラの導入を検討したきっかけ

今回は都心郊外にある資材置き場にて防犯カメラの導入のお手伝いをさせていただきました。木材と金属双方の資材を豊富に扱う中規模の資材置き場ですが、およそ半年ほど前から夜間に部外者が敷地に侵入した形跡が見つかり、また、同じ地域内で資材の窃盗事件が発生したことを受けて、弊社防犯カメラナビにご相談いただきました。

資材置き場で想定される犯罪リスク

資材置き場は木材のような燃えやすいものや、高額で転売できる金属材料が数多くあり、管理者も正確な量は把握していないため、少しずつ盗まれても分からないのが現状です。また、このような障害物や死角が多い場所は放火犯のかっこうのターゲットになるとともに、不良のたまり場になることも懸念されます。

資材置き場は人里離れた場所に位置することが多いため、従業員も油断して車両の鍵を助手席に放っておいたり、事務所の鍵が簡単に壊せるタイプであったりすることも少なくありません。一度敷地に侵入されると、夜明けまでの数時間は侵入者のやりたい放題になってしまうのが実情です。

https://bouhancamera-navi.com/location/material/

資材置き場で追尾カメラを設置するポイント

資材置き場で追尾カメラを設置するポイント

今回防犯カメラを資材置き場に設置するにあたっては、まず前提となるのが「資材置き場の出入り口に設置」することです。いわゆる侵入者の「侵入経路」に撃退機能をついた防犯カメラを設置することによって、1.犯人を敷地に入れない、2.敷地に入れて資材を物色させない、といったことが期待できます。

防犯カメラの設置を躊躇している多くの社長は、「防犯カメラを設置しても効果ない」、「犯人が防犯カメラに気づいてもおかまいなしに犯行に及ばれてしまう」といった悩みですが、それを解決するためには、「不審者を敷地に入れない」、「敷地に足を踏み入れる前に威嚇撃退する」ことが重要となります。

資材置き場で追尾カメラを採用した理由

資材置き場で追尾カメラを採用した理由

今回の資材置き場は周辺に人の気配がない自然地帯にあるため、不審者は時間をかけて犯行に及ぶことができるほか、外周のセキュリティ対策がワイヤーメッシュだけとなるため、犯人がどこから侵入してくるか判断が付きにくい問題もあります。

自動追尾カメラであれば一度映像内に侵入者や不審車両をとらえることができれば、自動的にカメラが姿を追尾することができ、最大30倍ズームで遠くに映る侵入者の素顔や車両のナンバープレートを確認することができます。

音声で威嚇撃退も可能

また、弊社で導入させていただいた機種はネットワークカメラとなり、音声による威嚇撃退も可能です。自動追尾カメラの映像はWiFiを通じて指定のパソコン・スマホ・タブレット端末に転送することができ、ユーザーはどこでもリアルタイムで現場の様子を確認できます。

防犯カメラにはスピーカーとマイクも付いているため、不審者を見つけたら「敷地に侵入したら即警察を呼びます」と自分の声を相手に伝えることもできますし、デフォルトの音声で相手を威嚇することも可能です。

資材置き場に「自動追尾カメラ」導入後の感想

資材置き場に「自動追尾カメラ」導入後の感想

今回は敷地に侵入させないことを目的に撃退機能を備えた自動追尾カメラを導入させていただきました。契約前にロケテストをしてセキュリティの担当者や社長にも実機を触っていただいていたため、設置後も不安なく防犯カメラをコントロールできている様子です。

また、資材置き場の社長からも「自宅にいるときでもスマホで手軽に現地を確認できるのはありがたい」、「夜間でも遠くの車のナンバーが鮮明に分かるのでもしものときにも安心できる」とお褒めの言葉をいただいております。

防犯カメラナビからひと言

防犯カメラナビからひと言

防犯カメラナビでは「事件を未然に防ぐ」ことを念頭においてお客様に最適な機種の防犯機器を提案しております。資材置き場に限らず、昨今は外国人組織犯罪や半ぐれ集団による犯罪の凶悪化が目立ち、一回の侵入で会社の存続が危うくなるほどの損失を被ることもあります。

そのため、犯人にターゲットにされにくい防犯対策の構築が必要となり、侵入を試みる犯人が資材置き場の外周を確認して、「ここの資材置き場に侵入するのは逮捕のリスクがある」と思わせるような対策を検討するのがおすすめです。

月々の想定コスト

月々の想定コスト

月額14,000円

設置する防犯カメラを出入り口と敷地内部の要所のみに限定すれば2~5台でおさめることができますし、リース契約であれば月額の支払いを経費で落とすことができます。

また、音声警告や白色LEDライトの照射といった威嚇撃退機能を搭載した防犯カメラを選ぶことによって、複数の防犯機器を買い揃える手間と費用を省くことができます。

https://bouhancamera-navi.com/trial/

資材置き場/建築/建設現場の導入事例

農家の夜間遠隔監視型防犯システムの導入事例
農家の夜間遠隔監視型防犯システムの導入事例
資材置き場/建築/建設現場
近年農家で多発している夜間における窃盗事件に対し、遠隔監視型の赤外線カメラを導入した事例を紹介します。農家を標……
事例を詳しく見る
仮設会社向け資材ヤードのセキュリティ監視システムの導入事例
仮設会社向け資材ヤードのセキュリティ監視システムの導入事例
資材置き場/建築/建設現場
仮設会社は足場や仮囲いを設営するため、自社の資材ヤードに常時大量の木材・非鉄金属を保管しています。ここでは盗難……
事例を詳しく見る
建設の資材置き場向けネット回線不要型防犯システムの構築事例
建設の資材置き場向けネット回線不要型防犯システムの構築事例
資材置き場/建築/建設現場
建設現場の資材置き場ではWiFiがないケースも少なくありません。しかし、現場では夜間を中心に不審者による敷地内……
事例を詳しく見る
建設現場の資材置き場の車両盗難防止向け防犯対策事例
建設現場の資材置き場の車両盗難防止向け防犯対策事例
資材置き場/建築/建設現場
建設現場の資材置き場には多数の重機・車両が止められています。現場によっては重機をその場に放置することもよくあり……
事例を詳しく見る
防犯カメラの導入事例をもっと見る

資材置き場/建築/建設現場の防犯ブログ記事

工事現場から鉄板を盗んだ窃盗犯4人を逮捕。時価72万円│佐賀県
工事現場から鉄板を盗んだ窃盗犯4人を逮捕。時価72万円│佐賀県
資材置き場/建築/建設現場
佐賀県の工事現場にて鉄板時価72万円相当を盗んだとして4人の男が逮捕されました。近年は金属素材の価格高騰により……
事例を詳しく見る
防犯カメラで銅線の盗難対策!初期費用をかけない導入方法も
防犯カメラで銅線の盗難対策!初期費用をかけない導入方法も
資材置き場/建築/建設現場
近年は世界で金属素材の高騰が目立ち、中でも銅線は高額転売できるため盗難被害に遭いやすいです。今回は銅線の防犯対……
事例を詳しく見る
工事現場・建設現場で遠隔監視・遠隔臨場に便利な防犯カメラを紹介!
工事現場・建設現場で遠隔監視・遠隔臨場に便利な防犯カメラを紹介!
資材置き場/建築/建設現場
工事現場・建設現場では従業員の安全と事故防止に対して細心の注意を払わなければなりません。高度な監視システムもあ……
事例を詳しく見る
太陽光発電所に屋外防犯カメラを設置する手順と機種の選び方
太陽光発電所に屋外防犯カメラを設置する手順と機種の選び方
資材置き場/建築/建設現場
太陽光発電所も近年は太陽光パネルやケーブル・銅線の盗難が多発しています。太陽光発電所は広大な敷地面積を有し、自……
事例を詳しく見る
防犯ブログ記事をもっと見る

無料で現地調査・相談・御見積はこちら

「防犯カメラナビ」以外の営業電話やメールが届くことはありません。お気軽にご相談ください。

お気軽にお電話ください

フリーダイヤル0120-210-306
受付時間:9:00~18:00(平日)全国対応
アクセルジャパン
アンバサダー
佐藤隆太
佐藤隆太