MENU
フリーダイヤル0120-210-306
受付時間:9:00~18:00(平日)全国対応
防犯カメラナビTOP コラム ソーラー防犯カメラの映像はクラウドで管理!料金や方法を解説
資材置き場

ソーラー防犯カメラの映像はクラウドで管理!料金や方法を解説

ソーラー防犯カメラを設置する企業もここ最近で大分増えてきました。ソーラーカメラで撮影した録画映像は、各企業どのように保存・管理しているでしょうか?

これからソーラーカメラを新設する、もしくは既に導入しているが、録画レコーダーで物理的に管理している企業は、ここでは紹介するネットワークカメラを活かしたクラウド保存のメリットやデメリット、料金・方法を具体的に解説します。

ソーラー防犯カメラで撮影した録画映像の一般的な管理方法

ソーラー防犯カメラで撮影した録画映像の一般的な管理方法

近年は企業の防犯カメラ(監視カメラ)の設置率も着実に増えてきており、とりわけ零細中小企業が積極的に防犯カメラを導入している様子がうかがえます。建築現場や資材置き場、自然公園、ビジターセンターなどでは簡易的に設置できるソーラーカメラの導入も進んでいます。

防犯カメラで撮影した録画映像は、一昔前まではDVR(レコーダー)一択でした。現在でもDVRを録画映像の保存先として選ぶことができますが、耐久性やスペースの問題、不具合が発生したときの記録映像の破損といったトラブルが少なくないことから、昨今は別の手段を持ちいることも多くなってきました。

近年対応機種が増えてきた「SDカード」内蔵型防犯カメラ

近年対応機種が増えてきた「SDカード」内蔵型防犯カメラ

近年は屋外防犯カメラを中心にSDカード内蔵型の機種が増えてきました。ソーラーカメラも同様に新製品の多くがSDカード内蔵型となります。

SDカード内蔵型の特徴は「防犯カメラ本体に撮影した映像を録画・保存できる」ことにあります。レコーダーや後述するクラウドと比較すると容量が少ないため録画保存できる日数は限りがありますが、容量が一杯になったら自動的に一番古いデータを上書きする機能が本体に搭載されているため、毎回SDカードを取りに行く必要はありません。

また、ソーラーカメラはSDカードを使うケースが最近増えてきたため、データの圧縮率もよく、またエコモードを使うことによって、SDカードの容量であっても1か月以上録画できる機種も出ています。

SDカードのデメリットは「本体の不具合でデータが破損する可能性がある」

一方でSDカードをソーラー防犯カメラ本体に装着することはデメリットにもなり得ます。例えば不審者が侵入した際、防犯カメラ本体を盗まれたり、SDカードを抜かれたりすると、録画データを丸ごと持っていかれることになります。DVRであればレコーダー本体、クラウドであれば、オンラインストレージ上に映像を転送しているので、仮に本体を盗まれても録画データが破損する心配はありません。

また、台風など悪天候によるソーラーカメラ本体の破損や落雷によるショートなどによってSDカード内のデータを失うことがあります。使用するSDカードはできるだけ産業用のものにするのと、定期的にSDカードを抜いてデータを別の場所に移動させることで破損のリスクを低減させることができますが、それでも絶対に安全とは言えません。

ソーラー防犯カメラの映像を「クラウド」に保存するのが近年のトレンド

ソーラー防犯カメラの映像を「クラウド」に保存するのが近年のトレンド

レコーダー(DVR)やSDカードとは異なり、近年注目されているのが「クラウド保存」です。クラウドとは簡単に言えばオンライン上のデータスペースです。オンラインストレージと呼ばれるもので、パソコンでは既に定番となっており、DropBoxやGoogleDriveがクラウドとなります。

昨今は防犯カメラでもクラウド対応となっていて、撮影した映像をクラウドに転送して、クラウドの領域内でデータを保存・保管することができるようになりました。

ソーラーカメラでクラウド契約する際に必要なもの

ソーラーカメラでクラウド契約する際は、必ず「インターネット環境」と「ソーラーカメラがネットワークカメラ」であることが必要となります。

同軸ケーブルで接続する従来のアナログカメラをお使いの企業は、残念ながらクラウドは利用できません。

ただし、昨今発売されているソーラーカメラのほとんどはネットワークカメラとなります。ネットワークカメラを使用するためにはインターネット環境が必要となるので、クラウドのために用意するのではなく、防犯カメラを運用するためにネット環境を構築すると考えればいいでしょう。

防犯カメラ販売店とクラウド契約を交わす

防犯カメラ販売店とクラウド契約を交わす

まず、防犯カメラのクラウドは自社で独自に契約するのではなく、防犯カメラを購入した販売店が用意するクラウドプランに契約する必要があります。どの販売店も複数のプランを用意しており、いずれも容量別に分けられています。どのくらいの容量を保存するかは業界や業種、企業の方針によって異なるので、自社で検討して最適なプランに申し込むようにしましょう。

また、不明点は販売店の担当者に相談すれば、業界事の平均録画日数と必要となるデータ容量を教えてくれるはずです。

クラウド上の録画保存期間はオプション契約!

クラウドの料金プランは販売店毎に異なりますが、往々にして基本料金に含まれているのは月額のデータ容量のみとなります。保存できる期間はオプション契約となり、保存期間が3か月や6か月と長くなればそれだけ月額で追加料金が発生します。

クラウド契約が保守費用に含まれている場合もある

防犯カメラ販売店がクラウドを推奨している場合は、保守契約にすでにクラウドの基本料金プランが含まれているケースもあります。特にソーラーカメラは昨今はクラウド契約が普通になってきたので、販売店が特別な保守プランを用意していることもあります。

防犯カメラ販売店によってクラウド機能の違いはある?

防犯カメラ販売店によってクラウド機能の違いはある?

初めてソーラーカメラを設置し、クラウド契約を交わす企業にとっては、「販売店によってクラウドのサービス品質や機能の違いはあるのか?」と素朴な疑問が浮上します。

上述したようにクラウドの料金プランは録画する1ヵ月のデータ容量や保存期間によって異なりますが、それ以外にクラウドストレージ自体の品質については、実は目に見えた違いはありません。

販売店が用意しているクラウドストレージでできる機能は「動画再生の日時指定」、「スナップショット」、「ダウンロード」、「多人数共有」、「二段階認証」、「バックアップ」などです。レコーダーでできる機能は基本的に標準装備されていますし、スマホやタブレット、パソコンといったデジタル端末で権限を持っている人なら「誰もがどこでも映像を確認できる」機能はクラウドの最大の魅力と言えるでしょう。

ソーラーカメラの運用ではクラウドとSDカードを併用する

ソーラーカメラの運用ではクラウドとSDカードを併用する

ソーラーカメラを運用する企業の多くは無線でネット環境を構築しています。そのため、利用シーンによっては電波が不安定でネット接続が途中で切れてしまうことも考えられます。

しかし、電波が途切れてしまった場合は自動的に録画した映像を本体内蔵のSDカードに保存する機能を持つ機種もあるので、リスクヘッジを考えるならば、クラウドとSDカードを併用できるソーラーカメラを選ぶのがいいでしょう。

ソーラーカメラでクラウド契約をする場合は販売店に相談を

今回はソーラー防犯カメラでクラウド契約をする際のポイントを解説しました。クラウド契約はレコーダーやSDカードと異なり月額費用が掛かるため、保存方法として本当に採用するべきかはよく社内で吟味が必要です。

ただし、最適なプランや保存方法は販売店に相談をして、担当者が設置環境を交えた上で決めるのがいいでしょう。

>>「防犯カメラナビ」への相談はこちら

資材置き場の導入事例

農家の夜間遠隔監視型防犯システムの導入事例
農家の夜間遠隔監視型防犯システムの導入事例
資材置き場
近年農家で多発している夜間における窃盗事件に対し、遠隔監視型の赤外線カメラを導入した事例を紹介します。農家を標……
事例を詳しく見る
仮設会社向け資材ヤードのセキュリティ監視システムの導入事例
仮設会社向け資材ヤードのセキュリティ監視システムの導入事例
資材置き場
仮設会社は足場や仮囲いを設営するため、自社の資材ヤードに常時大量の木材・非鉄金属を保管しています。ここでは盗難……
事例を詳しく見る
建設の資材置き場向けネット回線不要型防犯システムの構築事例
建設の資材置き場向けネット回線不要型防犯システムの構築事例
資材置き場
建設現場の資材置き場ではWiFiがないケースも少なくありません。しかし、現場では夜間を中心に不審者による敷地内……
事例を詳しく見る
建設現場の資材置き場の車両盗難防止向け防犯対策事例
建設現場の資材置き場の車両盗難防止向け防犯対策事例
資材置き場
建設現場の資材置き場には多数の重機・車両が止められています。現場によっては重機をその場に放置することもよくあり……
事例を詳しく見る
防犯カメラの導入事例をもっと見る

資材置き場の防犯ブログ記事

防犯カメラで銅線の盗難対策!初期費用をかけない導入方法も
防犯カメラで銅線の盗難対策!初期費用をかけない導入方法も
資材置き場
近年は世界で金属素材の高騰が目立ち、中でも銅線は高額転売できるため盗難被害に遭いやすいです。今回は銅線の防犯対……
事例を詳しく見る
工事現場・建設現場で遠隔監視・遠隔臨場に便利な防犯カメラを紹介!
工事現場・建設現場で遠隔監視・遠隔臨場に便利な防犯カメラを紹介!
資材置き場
工事現場・建設現場では従業員の安全と事故防止に対して細心の注意を払わなければなりません。高度な監視システムもあ……
事例を詳しく見る
太陽光発電所に屋外防犯カメラを設置する手順と機種の選び方
太陽光発電所に屋外防犯カメラを設置する手順と機種の選び方
資材置き場
太陽光発電所も近年は太陽光パネルやケーブル・銅線の盗難が多発しています。太陽光発電所は広大な敷地面積を有し、自……
事例を詳しく見る
業務用PTZカメラ(パンチルトカメラ)とは?機能やメリット・注意点を解説
業務用PTZカメラ(パンチルトカメラ)とは?機能やメリット・注意点を解説
資材置き場
業務用防犯カメラとして「PTZカメラ(パンチルトカメラ)」が人気の1つに挙げられますが、PTZカメラとは何なの……
事例を詳しく見る
防犯ブログ記事をもっと見る

無料で現地調査・相談・御見積はこちら

「防犯カメラナビ」以外の営業電話やメールが届くことはありません。お気軽にご相談ください。

お気軽にお電話ください

フリーダイヤル0120-210-306
受付時間:9:00~18:00(平日)全国対応
アクセルジャパン
アンバサダー
佐藤隆太
佐藤隆太